埼玉県越谷市周辺での相続放棄に関するお問い合せはお気軽に
電話をかける
東武スカイツリーライン 新越谷駅 JR武蔵野線 南越谷駅 徒歩3分 駐車場完備

弁護士と司法書士の違い

一言で言えば、弁護士は申述人の「代理人」になるのに対して、司法書士は申述人の「書面作成補助者」に過ぎないということです。
司法書士は、家庭裁判所での手続について代理人となれませんので、司法書士に相続放棄手続きの代行を依頼した場合には、申立書の作成(それに伴う資料の収集)と提出のみを司法書士が行います。
提出後の裁判所からの諸々の問い合わせは依頼人である申述人本人が受け、申述人本人が自らそれに対応しなければなりません。
相続放棄の申述手続きのすべてを司法書士に代わりに行ってもらうことはできません。

逆に弁護士に相続放棄手続きの代理を依頼した場合には、弁護士は代理人として申述人本人が行う行為のすべてを代わりに行うことができます。

すなわち、

  • 書類の収集・作成から家庭裁判所への提出
  • 相続放棄申述受理通知書の受領
  • 相続放棄申述受理証明書の交付申請
  • 相続放棄申述受理証明書の受領
  • 債権者対応   詳しくはこちら
  • 相続財産がある場合の対応  詳しくはこちら
  • 相続放棄が却下された時の不服申立(即時抗告)対応  詳しくはこちら

等をすべて弁護士が行います。

Q.それでは、司法書士に依頼するメリットは何ですか。

A.司法書士に依頼するメリットは、一般的に弁護士と比べて報酬が安いという点です。

Q.では、エクレシア法律事務所は費用の点で何かメリットがあるのですか。

A.当事務所のメリット
この点、当事務所の報酬は、司法書士の報酬と比較しても負けないほど十分低額に設定しております。ネットで比較してみてください。
例えば、相続人5人が放棄を依頼された場合、報酬の合計は13万円で、相続人一人当たりですと、2万6,000円となります。

当事務所は、弁護士事務所としての万全のフォロー体制と司法書士並みの安い報酬で、相続放棄の案件を承っております。是非、一度ご相談ください。相談は無料です。

3ヶ月経過後の相続放棄
Copyright (C) 2015 Ecclesia Law Office. All Rights Reserved.